カードローンのメリットとデメリット

カードローンには銀行系と信販系があります。
どのような違いがあるのか気になるところですが、法律で定めらている内容が違うのが大きな点です。

信販系のカードローンには、総量規制という法律が定められています。
これは、カードローンの利用上限が年収の3分の1以下と決められている法律のことです。利用者が借り過ぎて返済できなくなるのを防ぐのが目的です。

しかし、銀行系のカードローンには総量規制は適用されません。
そのため、年収を気にすることなく、借りたい金額を借りることができます。
しかし、審査の通りやすさを比較すると、信販系の方が有利であり、銀行系は審査が厳しいと言われています。
どちらにもメリットとデメリットがあるので、カードローンを選ぶ時は、どちらも踏まえた上で決める事が大切です。


金利の違いで選ぶカードローン

銀行系と信販系のカードローンでは、金利に違いがあります。
一般的に、銀行系の方が金利が安く、信販系の方が金利は高めだと言われています。
なぜこのような違いがあるのかですが、ここには審査が深く関係しています。
銀行系のカードローンは審査が厳しいため、本当に信頼できる人だけがカードローンの利用を許可されています。
厳しい審査を通っているのですから、返済もきちんとできるはずだということで、金利が安く設定されているのです。
これとは逆に、信販系のカードローンは、審査の通りやすさが魅力ですが、その分金利を高くし、もしもの時に備えているのです。
金利の低さで選ぶのか、それとも審査の通りやすさで選ぶのか・・・これがカードローンを選択するときの基準になります。
自分にとってどちらの方が魅力が多いか、じっくり考えてから決めてください。

充実したカードローンの利用はどっち?

銀行系のカードローンよりも、信販系の方がサービスが充実していることが多いようです。
ポイントがもらえたり、困ったときに24時間対応のサポートセンターが対応してくれたりと、魅力がたくさんあります。
初めてカードローンを利用するときは、不安がたくさんあるはずですので、信販系の方が色々なことを聞きやすいかもしれません。
また、審査のスピードが早いのも信販系のカードローンです。
銀行系のカードローンは審査に時間をかけ、細かく判断していくので、その結果審査に通らないという人もたくさんいます。
銀行系のカードローンでは審査に落ちてしまったけれど、信販系に申し込んだら審査に通ったという経験をお持ちの方も多いです。
年収が低いとか、他社からの借り入れがあるなど、審査で引っかかりやすい要素がある場合は、信販系の方が有利だと言えます。